税制改革の今日的課題

⽇本租税理論学会編 《租税理論研究叢書29》
税制改革の今日的課題
(財経詳報社、2019年12⽉)
ISBN 978-4-88177-463-2、3,080円(税込)

注文ぺ-ジ

【主要内容】
所得税、法人税、相続税の現状、トランプ税制改革から英国税制、ドイツの企業税改革などの研究報告をベースに、シンポジウム全体のテーマを「税制改革の今日的課題」として,日・米・英・独での税制改革の課題について議論が展開される。

【主要目次】
Ⅰ 一般報告
トランプ税制改革:私立大学内部留保課税の導入
―私大への過大基本財産投資所得課税の所在― 石村耕治
租税立法と法理論 浅野善治

Ⅱ シンポジウム第一部 わが国での税制改革の課題
1 わが国の所得税の現状と課題 伊川正樹
2 法人税法22条の2の検討
―『収益認識基準に関する会計基準』の公表と『法人税法第22条の2』の新設― 長島 弘
3 相続税の性格の再検討―キャピタルゲイン課税との関係の視点から― 木村幹雄

Ⅲ シンポジウム第二部 各国の税制改革の動向
1 トランプ税制改革(2017年減税・雇用法)の特徴と課題―企業課税,国際課税の側面を中心に
河音琢郎
2 ドイツにおける近年の企業税改革について 安井栄二
3 討論 税制改革の今日的課題

日本租税理論学会規約
日本租税理論学会役員名簿